花が好きな年上女性と花屋の俺が惹かれ合わないわけがない

【コミなび純稿】花が好きな年上女性と花屋の俺が惹かれ合わないわけがないver1
花が好きな年上女性と花屋の俺が惹かれ合わないわけがない
みなさん、こんにちわ。

エロ漫画立ち読み放題の管理人のゆうこです。

「はしたないでしょうか?こんな私…」俺が勤める花屋の常連客、槙日菜子。

彼女の美しさは周りを花に囲まれても見劣りしない。

しかし清楚な雰囲気を醸し出す彼女の体からは、得体の知れない妖艶な香りも!

配達を依頼され彼女の家を訪れると、なにやら様子がいつもと違う。

吐息が感じられそうなほど近づく距離。

そしてゆっくりと重ねられる柔らかな唇の感触。

「植物にやさしく触れるあなたをずっと見ていて…私もそんな風に触れてほしいと願っていました」思いもよらない展開に止められない俺の体とアソコ。

そんな俺を見て、より大胆になる彼女。

誰が見ても淑やかな彼女の本音とは―。

【コミなび純稿】花が好きな年上女性と花屋の俺が惹かれ合わないわけがないver1
花が好きな年上女性と花屋の俺が惹かれ合わないわけがない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.